PRODUCTS

鎬ブランド設計コンセプト

リシャフト用として市場に出回っているシャフトのほとんどは、男子トーナメントプロなどからのフィードバックを元に設計・開発されているため、プロや学生ゴルファーなど一部のヘッドスピードの速い上級ゴルファーにフィットしやすいようになっています。

これらシャフトにも最近では軽量品や柔らかいフレックスのラインナップもありますが、元々のベース設計がアマチュアゴルファーを意識したものではないため、必ずしもアマチュアゴルファーにフィットしているとは言えない現状があります。

商品開発をする際に着目したのは、プロゴルファーとアマチュアゴルファーのスウィング中のシャフトの使い方の違いです。鎬シャフト独自のテクノロジーにより、アマチュアゴルファーがスウィングを変えることなく、プロゴルファーのように効率的なシャフトの使い方が可能となっています。

製品の特長

鎬ブランドのコンセプトはそのままに競技ゴルフなどのよりプレッシャーのかかる場面でも易しく飛ばせる、オートマチックな動きをするシャフトに仕上げています。

前作の鎬White-50は、「スウィンガータイプのアマチュアゴルファー」がスウィング中の大きなタメとタイミングの取りやすさを可能とするために、シャフト全体のしなりを体感しやすい特徴的な剛性設計になっています。前作の設計をベースに、今作の鎬Athlete T-60はシャフトの全体的なしなり感とトルクをやや抑えています。

これにより、「スウィンガータイプのアマチュアゴルファー」はもちろん、切り返しの強い「ヒッタータイプのアマチュアゴルファー」でもスウィング中の大きなタメとタイミングの取りやすさを可能としました。

シャフト自身が大きなタメを作りオートマチックにしなり戻る、「まるで意思を持ったかのような動きをするシャフト」それが鎬Athlete T-60です。

ブランド名の由来

鎬とは刀と峰の間に刀身を貫いて走る稜線のことです。また、「鎬を削る」という言葉がありますが、鎬が削れ落ちるほど激しく切り合う様が由来です。ブランド名には「刀のように切れ味鋭いシャフト」という意味が込められ、デザインにも刀の波紋をイメージした模様やShinogiロゴが刀で切り落とされた状態をイメージしているなど存分に和のテイストを取り入れています。 製造・設計からデザインコンセプトまで、全てにおいてmade in Japanにこだわったシャフトそれが「鎬」です。

価格84,000円(本体価格80,000円) Made in Japan

フレックス 重量
(g)
チップ径
(mm)
バット径
(mm)
長さ
(mm)
トルク
(度)
キック
ポイント
R 60 8.50 15.2 1169 4.2 中調子
S 62 8.50 15.3 1169 4.2 中調子
SX 64 8.50 15.4 1169 4.0 中調子
X 65 8.50 15.4 1169 4.0 中調子